スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FUJI ROCK FESTIVAL 10

web-7.jpg

やっとこさ旅日記的なものが書けたのでアップ 笑

毎年しつこく行っている、一年で一番楽しみなイベント、夏フェス。
今年もFUJI ROCK FESTIVALとSUMMER SONICに行って参りました。
去年はソロでしたが、今年は友達と参戦。
放心しまくりの珍道中でしたが、どっちも見たかった人たちたくさん見れて最高に楽しかったです。

まずはFUJI ROCKのレポート。
レポートと言っても単なる一個人の感想だけですが(笑)
もしご興味あればご覧頂ければ嬉しいです。

ていうか、全くドール関係ない記事で申し訳ないです 汗。
写真と文で長ーくなってしまいましたのでたたみます。


今回は7/31(土)~8/1(日)の二日間の参加。しかもキャンプ。体力的にハードです。
新大阪でバスに乗る前、でっかいバックパック背中から下ろそうとしたら遠心力で飛ばされそうになる。先行き不安。


R0012695.jpg
 
朝7時過ぎ、苗場到着。


R0012696.jpg

山の斜面にずらーっとひしめくテントはフジの名物詩ともなっていますが、私たちがテントを張ったのは今年から出来たピラミッドガーデンという場所です。
会場からかなり離れた場所(グリーンステージから徒歩約2~30分 笑)にあって移動が大変でしたが、テントの数も少なく静か♪
目の前には苗場の自然が広がり、フェスの合間の息抜きには最高な場所でした。


R0012701.jpg

こちらは一般キャンプサイト。
会場を抜け、こちらのキャンプサイトを抜け、さらに苗プリの裏を10分ちょい歩くという感じ。


R0012703.jpg

R0012704.jpg

 テント立てて荷物片付けて、お昼までのんびりしてからぼちぼち会場に向かう。
Dirty Projectorsちょっと見て、会場内散策して、早々にテントに戻る。
まだ会場からテントまでの距離感をつかめてないせいか、この日はやたら会場とテントを往復。軽く20~30kmは歩いたんじゃなかろうか。
そのせいで夜の疲労感が半端ない。


R0012698.jpg

テントに戻るまでの道。
普段の生活ではなかなか味わえない自然の突き抜けた感じは歩いてて爽快でした。遠かったけど。


R0012709.jpg

7/31(土)の目玉は、MGMTとOneday As A Lion。
ザック見る気合十分だった割に、夕方に温泉に入ってテント(このへんから家と呼ぶようになった)でぼーっとしてたら、出発が遅れて見事に入場規制くらう 笑
ちょっと待ってぼちぼちと(なかば無理矢理)入ったら演奏ちょっと見れたのでよかった。
でもテント(家)に戻るとき、苗場プリンスホテルの裏でくつろいでるザックを目撃しました。
 
気を取り直して、ところ天国でラーメン食べてMGMTへ。
始まる前は憂鬱だった雨が演出とも思えるぐらい素敵な空間でした。
いろいろ演奏してくれたけど、何よりも聞けて嬉しかったのはやっぱりKids!
イントロ鳴ったときの観客のテンションの上がり様と、演奏終わった瞬間一斉に出口へ向かう勢いは半端なかった。まだライブ終わってないのに 笑
 
MGMT後は家に戻り、私だけ再び夜のレッドマーキーへ。ここだけソロです。
目当てはBoys Noize!バキバキ具合半端ない!!
体はフラフラですが異様なテンションでがっつり踊った!
あとMyloもちょろっと見て帰りました。楽しそうでもっといたかったけどもう限界…。
 

R0012715.jpg


8/1(日)
朝方一瞬だけ目が覚めたけどびっくりするぐらい体動かんかったのでそのまま再び眠りにつく。
8時か9時に目覚めて、初めに視界に入ったのは友達のあられもない姿。でも突っ込む気力もなくそのまま目を閉じる。
テント内が暑くなってきたので入口から少し顔だけ出してまた寝る。顔日焼けする。


R0012718.jpg

この日も午前は家でまったりして、お昼からぼちぼち会場へ。
でも前日軽く2~30キロは歩いてるので、さすがに体の疲労がキテる私たち。
荷物整理して放心。袋たたんで放心。一作業一放心のペースが精一杯。
でもテントが斜面を落下する話では大盛り上がり。くだらん話にはいつでも全力。
上の写真はくだらん話をしながらご飯食べてグダグダしてる図。
そしたらまたVampire Weekend始まってもたので大急ぎでグリーンステージへ 笑
 
この日見たのはVampire Weekend、Foals少し、LCD Soundsystem、Atoms For Peace、ご飯食べながらAIRちょっと、そしてMassive Attack。
楽しみにしてたScissor Sistersは荷物片付けとバスの時間のせいで見送りになってしまって残念。
でも見た人たちどれも素晴らしかった。
一番盛り上がったのはLCDで音に圧倒されたのはMassive、いろんな意味で感動したのはAtoms For Peace。
苗場で踊り狂うトムヨーク(阿波踊り)に釘付け、そして惚れる 笑
タンクトップ&ヘアバンド、しかも足元はスニーカーというハイセンスなファッションには最初目が飛び出すぐらいびっくりしたけど(笑)
圧倒的な存在感と演奏に苗場の空気が一変してて息が止まりそうになった。
(通りがかりのガイジンさんは「SUPER FUTURE GUY!」と言っていた)
でも後からいろんなサイトで写真を見たらどれもトムが屍みたいで怖かった 笑

LCDやVampire Weekendは観客みんながひたすら笑顔で縦横無尽に踊ってて、この上ない幸せを感じた。
この演奏との一体感がライブ、フェスの醍醐味ですね。
フジではさらに自然との一体感も加わって、天にも昇るような、言葉では言い難いすごい感動があるんです。
これを求めて毎年ひたすら参加してるんだと思います。
 
帰り際は雨が強くなり、最後の最後でまさかのびっしょびしょになってバスに乗る。
思わぬ洗礼に「もう嫌や」連発してしまいましたが(汗)なんとか無事大阪まで帰ってこれました。


web-3.jpg

今年もまた多様な豪華なメンツが揃って首を長く長くして待ち望んだフジロック、期待以上の素敵なライブを体験出来たことに感謝!
また来年もここに戻って来ます。
Thanks for FRF & all FRF lovers!!


web-6.jpg

…でも来年は、出来たら苗場プリンスホテルに泊まりたいな 笑


web-4.jpg
 
大阪に着いて友達家にて思い出に浸るの図。
(下に写るのは友達の家のわんこ)
リストバンド外すの寂しかったなあ…。


めっちゃ長くなってしまった 汗。
てかステージとか会場内の写真を全然撮ってなかった 汗
自己整理的な記事になってしまいましたが、最後までお読み頂いてどうもありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。